脱公務員、オーストラリアへ移住、永住権獲得までの道のり(前編)

by - 4:45 pm

Posted: Sunday 9 April 2017

    誕生~英語との出会い    


0歳―誕生

生まれも育ちも茨城県水戸市。納豆~って思いました!? 
はい、納豆で育った納豆大好き人間です。日本に帰ると毎日2パック食べちゃうくらい(笑)


小学校―低学年

 勉強しろと言ったことのない両親でしたが、幼少期には近所のそろばん教室とお習字教室に通わせてくれ、小学4年か小5年のころ赤ペ〇先生通信講座デビュー。


小学校―高学年で初めての「えいご」との出会い

 小学校4~5年生の頃ころ「ローマ字」に興味を持つ。ローマ字で「Konnichiwa」と手紙を書けば外国人とコミュニケーションが取れるのだと信じて疑わなかったレベル。




中学校―英語大好き期

ネイティブの先生に必死に話しかけたり、英語の勉強には積極的に取り組んだ時期。アメリカとオーストラリアの子と「海外ぺんぱる」で文通するも、いつしか返信が来なくなり自然消滅(泣)退屈な内容を書いてたんだろうな。

洋楽に興味を持ち、聞こえるままに鼻歌で楽しむ。これがリスニングの練習だったとは当時は考えてもいなかったけれど、聞く力の基礎が作られたのは鼻歌のお陰かな。


高校進学―英語への愛が冷める

1日も早く就職して自分で稼ぐ!親からの自立!を目指した私は希望とおり商業高校へ進学。しかし残念なことに英語の先生の授業がつまらなすぎて、この時期を境に英語の勉強から遠ざかってしまいました。



   18歳で国家公務員の道へ   

18歳―就職活動

何をやりたいか?そんなビジョンは無くて「地元を離れて就職する」ことだけ考えていました。友人が受験する国家公務員3種に便乗して応募。採用後は全寮制の税務大学校で1年間勉強と聞き、「地元を離れる」んだったら!と、全くもって不純な動機でした。


19歳―公務員就職

ワクワクドキドキで始まった寮生活でしたが、時間割で行動は管理され、消灯後は職員が見回り、週末は22時の門限、遅れたら始末書。こうして「公務員」の枠に押し込む洗脳が行われているのかと、現場に出る前から違和感を感じてしまったのでした。






最後までお読みいただきありがとうございます。Sunshine SpiritライターのYumiです。
何かを変えたい、変わりたいという思いを抱いていませんか。人生の中で分かれ道に立った時に何を選択するか。変えたいという気持ちは、いつでも挑戦する道を選ぶようにと私を後押ししてきました。変化するって勇気のいる選択だけど、そのボートに乗って漕ぎ出したらボートは水の力をかりながら進んでいきます。思い描いていたところとは違う場所にボートがたどり着くこともあるけれど、ヘルプが必要な時には助けの手がやってきます。
何だか心がざわざわ、そわそわしませんか。ブログ内コンタクトフォームからお気軽にメールでご連絡ください。お待ちしています。Yumi

You May Also Like

0 comments

Powered by Blogger.